面接の時に腹の立つことを聞かれたら

面接の時に腹の立つことを聞かれたら

就職や転職の面接の時に腹の立つことを聞かれることがあります。例えば、「あなたの性格は当社に向かないと思いますが、どうでしょうか」と面接官が言うことがあって、面接を受ける人は困ってしまいます。腹の立つことを言うのは、面接を妨害しようとしているわけではありません。これは圧迫面接法と言われるもので、嫌なことを言われた時にどう対処するか調べる方法です。会社に入ったら、良いことばかりではなくて、嫌なことや腹の立つことを言われるかの世もあります。そんな時にすぐ怒り出してしまったら、その組織の中で働くことは難しくなります。

腹の立つことや嫌なことを言われたら、冷静さを失わないようにしましょう。冷静さを失わず、感情的にならずに面接官の質問に答えます。それができたら、あなたの人間性が評価されて、その会社に通る可能性が出てきます。とは言っても緊張しているときに冷静に答えるのは難しい場合があります。そんな時に備えて、面接の答え方を練習しておけば、本番でうまくいきます。その会社の社風や自分の性格などを正確に把握して、面接官がたずねそうな不快な質問をあらかじめ想定して、それに対する答えを考えておきます。こうやって準備を整えておけば、面接を乗り切ることができます。

求人・就職・転職・求人のオススメサイトをご紹介します★